公益財団法人日本ライフセービング協会の松本貴行さんが来てくださいました!

公益財団法人日本ライフセービング協会の松本貴行さん(副理事長・ライフセービング教育本部長)が高松に来てくださいました!

ライフセービング協会では、日本財団の助成によって「水辺の事故防止教育」のICT教材を開発中だそうで、実際に教材を見せていただきながら、いろんな話をさせていただきました!教材は、学校でプールの授業の事前指導で使える教材や、水辺での危険のことや「ライフジャケット」についてとても分かりやすく学べる教材でした。

4月にWebページで公開されるそうですが、ぜひぜひたくさんの方に見ていただければ・・・と思ったので、また続報があればお知らせします。ご家庭でも、Webを見ながら学ぶことができるし、水辺の安全教育について興味のある学校や園の方がおられたら・・・とのこと。興味ある方は連絡してくださいね。

いろんな形で、水辺の安全のこと、「ライフジャケット」のことが1人でも多くの方に伝わることを心から願っています。

コメントを残す

メニューを閉じる